読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Цучйноковский.com

古来より存在する「眼鏡」。一時はコンタクトレンズが大流行しましたが、近年様々な利点によりその利用法が見直されつつあります。また、最近街中で目を引く「眼鏡っ娘」。眼鏡を掛けるだけでなぜ可愛く見えるのでしょうか。今日のクローズアップ現代は世界を侵食する『眼鏡っ娘』の魅力について迫ります

漢方薬マズイ

未分類

大学院入試から帰ってきた次の日、つまり金曜日に病院に行きました。

我が家のご近所さんには内科系の病院が2つあって、よく行くお医者さん(受付が可愛い眼鏡っ娘×2)と胃腸メインなお医者さんがあります。金曜日は後者のほうに行ってきました。

f:id:Tsuchinokovski:20150706103323j:plain
バッキバキ

入試を控えた1週間ほどまえからずーっと左の脇腹が痛かったんですね。
ちょうど肋骨と腸骨稜の間らへんです。
ずーんと重い感じ。張ったような感じではありませんでした。で、たまにキリキリ痛む。

ずーっと「どうしたんだろうなー」「なにかあったかなー」「変なもの食べたかなー」
と考えていたんですけれども、別に拾い食いもしてないし、心当たりも特になかったのです。

先週の火曜日くらいになって、ふと考えてみると、どうも便が出ない。
しかし出るときは少量の下痢である、という症状。

便秘になったことなど殆ど無いので、お腹が痛いのが便秘によるものだというのは頭から抜けてたんですね。

まあ便秘だったら大丈夫かなとしばらく様子見しようと思ってたのですが、入試の日にあまりに痛くて我慢できなかったので、翌日病院に行きました。

で、症状を伝えると
「最近強いストレスを感じるようなことはありませんでしたか?」
と尋ねられました。昨日入試があったことを伝えると
「それは過敏性腸症候群です」
と言われました。

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、英語:Irritable Bowel Syndrome、略称:IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。(Wikipediaより)

精神的に強い負荷がかかったり(こう書くとCPUみたいですね)すると起こりやすいようですね。
それにしても、ストレスとは無縁の性格だと思っていたので、正直びっくりしました。

 お薬3種類もらいました。

葛根湯飲むときにも思いますが、ほんと漢方薬ってマズイですよね。ほんとマズイ。

ちなみにお薬飲み始めてから症状は落ち着きました。おそらく、合格発表があれば痛みも取れるのではないでしょうか。

あ、あと、ストロカインを最初スカトロイン錠だと思いっていたのは内緒にしてくださいね。